記事一覧

トップ ニュース ザ・ノース・フェイス × ハイク 初のメンズも

アップロードファイル 7-1.jpgアップロードファイル 7-2.jpgアップロードファイル 7-3.jpgアップロードファイル 7-4.jpgアップロードファイル 7-5.jpg

ゴールドウインの「ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE)」は、「ハイク(HYKE)」とコラボレーションしたライン“ザ・ノース・フェイス × ハイク(THE NORTH FACE x HYKE)”の第3弾となる2019年春夏商品を2月13日に発売する。

同ライン初のメンズ商品をそろえ、ロングのミリタリーコートやマウンテンコート、ポンチョ、トップス、スカートやパンツなどの他、ユニセックスのキャップやネックゲイダー、レッグカバー、アームカバー、ニットスニーカー、球体テントの“ジオドーム 4 SE”などもラインアップする。

全アイテムの販売店舗は、原宿のザ・ノース・フェイス スタンダード(メンズのみ)とザ・ノース・フェイス 3(ウィメンズのみ)を始め、ザ・ノース・フェイスの二子玉川店、東京ミッドタウン日比谷店、ギンザ シックス店、札幌店、京都店、大阪・堀江店、広島店、福岡店など。

テント以外の商品は伊勢丹新宿本店、六本木のイセタンサローネ、名古屋のイセタンハウス、大阪のイセタンクローゼット、伊勢丹の公式オンラインストアなどでも取り扱う。

二子玉川のザ・ノース・フェイス スタンダードと、伊勢丹新宿本店3階では6日から先行販売する。

ファッショニスタ御用達のプレミアムブランド、J Brandがついに日本で本格展開を開始

アップロードファイル 6-1.jpgアップロードファイル 6-2.jpgアップロードファイル 6-3.jpg

海外で話題沸騰中! ロサンゼルス発のJ Brand(ジェイブランド)が2014年春夏コレクションを引っさげて、ついに日本で本格展開! ガールズのプレミアムスタイルをとことん追求するデニムブランドの記念すべき第1号店が、大阪は阪急うめだ本店にオープン!

J Brandは、今では定番となったスキニージーンズの立役者であり、現在CEOのジェフ・ルーズによりスタート。ポップシンガーのマドンナ、パンツスタイル代表格のケイト・モス、女優でモデルのアンジェリーナ・ジョリーなど数々のファッションアイコンを虜にしている今最もホットなブランド! 最新コレクションでは“カジュアル化”をコンセプトに掲げ、“クリーン”、“リラックス”、“ミニマル”の3つの要素を表現。軽やかなムードの素材を取り入れ、よりリラックス感のあるラインアップが完成。ブリスクグリーン、エレクトロニックブルー、シアリングピンクなど春夏にぴったりのフレッシュなカラーやクールなレザージャケットなど、コーディネイトのスパイスにぴったりのアイテムもずらり♡

そしてファッションシーンに革命を起こし続けるJ Brandから、ジェフと共にクリエイティブディレクターのドナルド・オリヴァーが来日! この秋のマストアイテムからスタイリングアドバイスまで、見逃せない情報が満載のインタビューをチェックしてデニムスタイルをアップデートしよう♪

ずばり、デニムの魅力ってなに?
ジェフ(CEO): 洗えば洗うほど、新しいものに進化して生まれ変わっていくところ。だから“デニムには魂が宿ってる”ってよく言われる。そして僕たちはこの素材をただ使うだけではなく、そこにフィット感を与えるんだ。結果、J Brandのデニムは着心地がバツグンで、女性をセクシーに見せてくれる。

2013年秋冬コレクションのポイントは?
ドナルド(クリエイティブディレクター): もう来年の春夏コレクションのことで頭がいっぱいだから思い出すのが大変だよ(笑)。でもこのコレクションはJ Brandにとって革新的なものなんだ。初めてファッションウィーク中にコレクションを発表して、J Brandの世界観や目標、そして女性にとっていかに必要なアイテムかってことを伝えられたんじゃないかな。ラインアップの中で1番のお気に入りはオーバーサイズのレザージャケット。それから定番のインディゴブルーデニム、メンズ風のテイストを楽しめるボーイフィット、スタイリッシュなレザースキニーがおすすめ。もちろん、素材にもこだわったよ。今回はフォト・レディって素材を開発したんだ。今まで以上のストレッチ性とフィット感を持ち合わせていて、ボディーラインがキレイに見える。
ジェフ: 僕らのこだわりはファブリックだからね。毎シーズンごとに新しいファブリックを開発しているけど、この秋は特に新しいものを導入してコレクションを強化したよ。

まさにクリエイティブなブランドね。その中でもナイロニスタにオススメしたいアイテムを教えて。
ジェフ: フォト・レディはマストアイテムだよ。それからボーイフィットとレザーパンツ。
ドナルド: スウェットも見逃せない。インサイドがフリースになっていて、着心地がバツグンなんだ。あとはレザージャケットも要チェック。

日本の女の子にしてほしいデニムスタイルはある?
ドナルド: J Brandは“自由なスタイリング”をテーマにしているから、これといってないんだ。しいて言うなら、いろいろなデニムを楽しみながら着てほしい。

それでは、女の子の好きなデニムスタイルを聞かせて。
ジェフ: やっぱりスキニー×ヒールは最強コンビだよ。フェミニンで、スタイリッシュに見えるしね。
ドナルド: 僕はもっと冒険心のあるスタイルが好きだな。例えばボーイフィットとフラットシューズの組み合わせとか。ダボっとしたジーンズにスニーカーを合わせるファッションって、日本が最初なんじゃないかな。日本の女性は実験的にいろんなスタイルを楽しんでいるから、僕自身、おしゃれのヒントを得ることが多いよ。

そんな風に言ってもらえて嬉しいわ。日本のストリートファッションについてはどう思う?
ジェフ: ちょうど昨日渋谷に行ったけど、若い人達はファッションに対して良い意味で怖いもの知らずだね。スキニーもおしゃれに着こなしているし。ロンドンに続いて、とても独創的なスタイリングをする街だと感じたよ。
ドナルド:僕はまだ観光していないんだ。でも職業柄、他の人とは違う視点からストリートファッションを見ると思う。インスピレーションをもらいにいくからね。目にとまるのはイレギュラーで斬新なファッションが多い。

それでは最後に、ナイロニスタへファッションを楽しむためのアドバイスをちょうだい!
ジェフ: シンプルであれ。がんばりすぎない。人の意見を聞くな。自分が着ていて満足するなら、それでいいんだよ。たまにはちょっと冒険して、全く新しいものにチャレンジするのもいいね。
ドナルド: 実験せよ。勇気をもて。変なスタイルになっても気にするな。何十年か経って当時のファッションを振り返れば、「なんであんな服着てたの!?」ってなるんだから(笑)。怖がらずにいろんなコーディネイトを楽しむことが大切だよ。

日本のカレーライスが大好物だと言うジェフ。今回の来日では、渋谷で初のカレーうどんにチャレンジ! カレー×ヌードルってどうなの?と最初は警戒気味のジェフだったけど、食べてみたらその美味しさにびっくり。今ではすっかりカレーうどんの大ファン♪