記事一覧

ムンクの「叫び」靴下がヒット中 上野で開催中の展覧会とコラボ

アップロードファイル 9-1.jpgアップロードファイル 9-2.jpgアップロードファイル 9-3.jpg

阿賀岡恵がデザインするレッグウエアブランド「アヤメ(AYAME)」で、東京・上野の東京都美術館で開催中の展覧会「ムンク展――共鳴する魂の叫び」とコラボレーションした靴下が売れている。ムンクの代表作「叫び」をモチーフにしたちょっとシュールな柄を、国内生産ならではの繊細な編み模様で表現した点がポイント。会場内の特設ショップ限定で販売しており、「10月27日の展覧会開幕以来飛ぶように売れている。追加生産もかけた」(阿賀岡)という。展覧会会期の2019年1月20日まで販売する。

 「叫び」をモチーフにした靴下は2色展開で、価格は各2600円。他に、ムンクの母国ノルウェーの風景をイメージした幾何学柄の靴下(2600円)も企画した。日本一の靴下産地として知られる奈良県内の工場で生産しており、カラフルな色糸を組み合わせた細かな柄が魅力だ。「絵画は通常、画家の死後50年で著作権が切れるので、『叫び』をモチーフにした靴下も3足1000円などで売られているものはよくある。でも、今回はせっかくノルウェーから本物の美術品が来ているので、アートな感覚で楽しめる靴下を作りたかった」と阿賀岡。

 「アヤメ」は福助出身の阿賀岡が2007年にスタート。国内セレクトショップの他、英国の百貨店ブラウンズなどにも卸販売しており、ファッションブロガーのスージーバブル(Susie Bubble)ことスージー・ロウ(Susie Lau)がお気に入りとして紹介したこともある。

 今回の展覧会では「アヤメ」の靴下の他、ポケモンと組んだぬいぐるみ「叫びピカチュウ」、湖池屋と協業したスナック菓子「ムーチョの叫び」、ビームスと組んだプリントTシャツなどをコラボレーション商品として企画し、話題になっている。ピカチュウのぬいぐるみなどは既に完売している。

現代のロレックスCellini腕時計家族に忠実です

39 mmの広いロレックスCelliniケースはカキでありません、しかし、それはまだネジダウン冠を持って、50 mに耐水性です。腕時計の中に、家は、4 Hzで動く予備役の48時間で、ロレックスAutomatic Caliber 3195運動で「最高のクロノメーター証明された」ことを作りました。合併症は、時間、ムーンフェイズとは、bluedスチール(また、今日のロレックスで毎日見ていない何か)を使用してポインタのスタイルの日付が含まれます。この後者の要素は、ムーンフェイズディスクのような別のアイテムであり、大量には生成されない。
白いラッカー・ダイヤルは魅力的で、現代のロレックスCellini腕時計家族に忠実です。それは視覚的な関心を提示し、ドレスの時計から期待するすべての対称的な調和。これは非常に伝統的な方法で美しいドレス時計です。
私は非常に少し50535ロレックスCelliniムーンフェイズが好きですが、私はこれが将来を見て対照的に過去に見ているロレックス時計であることを認識します。はい、ロレックスが新しい動きと技術(例えばエナメル・ディスクの製造のようなだけでなく、炎にしみをつけられた鋼の手)で遊んでいると主張することができます、しかし、主題の立場から、彼らはブランドのためにほとんど認識できないパッケージでそれをしています。あなたが見るかもしれないものは、ロレックスがほとんどの既存の顧客に販売することとは対照的に、このような時計のために他のブランドからロレックスに戻ることです。ロレックスCerini Moonphaseの市場の成功を予測するのは難しいです、あるいは、その顧客は誰ですか。それにもかかわらず、これはロレックスのようなブランドから本当に魅力的で確かに珍しい時計です。18 KのEveroseゴールドロレックスCellini Moonphase Reference 50525のための価格は、25500のCHFです。
アリソンの参照6541ロレックスMilgaussに最もユニークなものは、「ボビーAllison / 1 . Modified / Permatex - 300 / 1966」を読むそのケース背中の彫刻です。sはその伝説的な前の所有者にそれを接続して、そのような彫刻を運びます。ミラージュはロレックスの歴史の中で重要である。なぜならそれは他の人々がそうすることができない条件で繁栄する時計を生産する会社の継続的なコミットメントを表しているからである。史上初のロレックスMilgaussとして、リファレンス6541はロレックスのツール腕時計史で重要な場所を占める珍しいと貴重な時計です。
ロレックスMilgaussがコレクターにとてもおもしろくなることの一部は、それが主にその目標人口統計学を逃したということです。当初は科学者や医療専門家のために意図されていたが、リファレンス6541ロレックスMilgaussは、アメリカのプロの自動車レース業界のメンバーとその最強の次の発見-それは合併症や設計要素を具体的に調整されたためではなかったのでしかし、むしろそのスポーティな視覚的な外観のため。
歴史の最も有名で、達成されたNASCARドライバーのいくつかはロレックスの参照6541ロレックスMilgaussを購入しました。リチャード・ペティからボビー・アリソンまで、科学者のためのロレックスの腕時計は、レースカードライバーで家を見つけました。それは個人的な使用のために購入されたかどうか、または忠実な乗組員や業界の同僚のための贈り物として、リファレンス6541ロレックスMilgaussは不当に(そして完全に意図的に)プロの自動車レースの世界にリンクされている歴史を持っています。
Paul Altieriはボブの時計の創始者で、使用済みロレックス時計の主要なオンライン先であり、彼は中古のロレックス交換コンセプトを作成しました。それは消費者が中古の時計のために購入価格を売ることを可能にします。ポールはまた、時計のコレクターであり、彼のコレクションの多くの珍しい、収集可能な時計を持っています。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ