記事一覧

パタゴニアが環境目標を公開2020年までに再生可能エネルギー100%へ

アップロードファイル 10-1.jpgアップロードファイル 10-2.jpg

パタゴニアは5月16日、新たな目標“気候危機(The Climate Crisis)”を公式ウェブサイトで公開した。2020年までにオフィスや店舗で使用する電力を再生可能エネルギーで100%まかない、25年までに事業全体においてカーボン・ニュートラル達成を目指す。

 4月9日からみんな電力と提携し、国内最大規模の直営店であるパタゴニア 東京・渋谷の使用電力をソーラーシェアリング(営農型太陽光発電)による電力に変更した。ソーラーシェアリングとは、太陽光パネルの下で耕作を行う環境配慮型の発電方式で、農業を継続しながら太陽光発電を行うもの。

 この電力は市民エネルギーちばが運営する千葉県匝瑳(そうさ)市の発電所から供給を受け、年間約6万~7万キロワットの発電量を想定しており、渋谷店の年間電力使用量約6.5万キロワットをまかなうことができる見込みだ。ソーラーシェアリングによる発電で農業を行うことによって、土壌を回復させ大気中から二酸化炭素を回収することが、カーボン・ニュートラル達成に向けた有効な手段だ。

 現在電力の切り替えによる再生可能エネルギーの電力使用量の合計は、パタゴニア日本支社全体の電力使用量の約36%に相当する。今後も再生可能エネルギーの導入店舗を拡大し、再生可能エネルギー100%の目標達成を目指す。

 同社は18年にも直営店10店舗やスタッフルーム、オフィスにおいて電力会社を切り替え、再生可能エネルギーによる電力供給を進めてきたほか、石油由来の素材を使わない世界初のウエットスーツや環境に有害な合成インディゴの使用を抑えたデニムを発売するなど、環境保全に向けて積極的に活動している。

トップ ニュース ザ・ノース・フェイス × ハイク 初のメンズも

アップロードファイル 7-1.jpgアップロードファイル 7-2.jpgアップロードファイル 7-3.jpgアップロードファイル 7-4.jpgアップロードファイル 7-5.jpg

ゴールドウインの「ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE)」は、「ハイク(HYKE)」とコラボレーションしたライン“ザ・ノース・フェイス × ハイク(THE NORTH FACE x HYKE)”の第3弾となる2019年春夏商品を2月13日に発売する。

同ライン初のメンズ商品をそろえ、ロングのミリタリーコートやマウンテンコート、ポンチョ、トップス、スカートやパンツなどの他、ユニセックスのキャップやネックゲイダー、レッグカバー、アームカバー、ニットスニーカー、球体テントの“ジオドーム 4 SE”などもラインアップする。

全アイテムの販売店舗は、原宿のザ・ノース・フェイス スタンダード(メンズのみ)とザ・ノース・フェイス 3(ウィメンズのみ)を始め、ザ・ノース・フェイスの二子玉川店、東京ミッドタウン日比谷店、ギンザ シックス店、札幌店、京都店、大阪・堀江店、広島店、福岡店など。

テント以外の商品は伊勢丹新宿本店、六本木のイセタンサローネ、名古屋のイセタンハウス、大阪のイセタンクローゼット、伊勢丹の公式オンラインストアなどでも取り扱う。

二子玉川のザ・ノース・フェイス スタンダードと、伊勢丹新宿本店3階では6日から先行販売する。

シュプリームのために制作されたスケートフィルム「blessed」の裏話

アップロードファイル 4-1.webp
アップロードファイル 4-2.webp
アップロードファイル 4-3.webp
アップロードファイル 4-4.webp
アップロードファイル 4-5.webp

2014年の『Cherry』に続き、ウィリアム・ストローベックがSuperemeのために製作した『Blessed』は、ここ10年で最高のスケートフィルムだ。『Cherry』はついにSuperemeがスケートビデオを公開する、と興奮と期待をもって迎えられ、大々的に宣伝された。しかし『Blessed』はさらにその上をいく。生々しく、活気に満ちたクールな作品であると同時に、ウィリアムが結集したスケーターたちのスキルを証明する1本だ。作中でロサンゼルス、ニューヨーク、パリの街を駆け抜けるのは、タイショーン・ジョーンズ、ベン・キャドウ、ショーン・パブロ、ナケル・スミス、セージ・エルセッサー。スケーターたちの荒削りなポートレイト『Blessed』は、彼らのタフでハードでリアルな姿に肉薄する。ウィリアムは2年半を費やし、現代のスケートを描く長編作品を完成させた。本作をひっさげたワールドツアー真っ最中で、日本のホテルにいるウィリアムに電話インタビューを行なった。ビル、調子はどう? 今は日本ですよね。

まあまあだよ。今はタイショーンとホテルの部屋でくつろいでる。

——ワールドツアーはどうでした?

8日間でニューヨーク、サンフランシスコ、パリ、ロンドン、東京を回った。かなり忙しいけど、最高に楽しいよ。毎晩のようにみんなと出かけて騒いでる。朝の6時とかまで遊んでるような、めちゃくちゃなヤツばかりだ。街によって反応は違いました?

どこでも評判は良かった。ニューヨークではスタンディングオベーションだったよ。あんなの初めてだ。こんなことは『Cherry』でもなかった。この作品のために自分の内面を奥深くまで掘り下げたから、すごく特別な作品なんだ。ひっきりなしに若者からメッセージが届く。最高だよ。こんな作品を自分がつくったなんて信じられない。

——本格的な長編作品ですから、苦労もあったのでは?

この作品は、自然にできあがったんだ。尺については妥協したくなかった。スケート以外も含めて、全部のシーンが重要だから。出演した若者たちをとても精細に描写した作品だ。彼らはスケート、ルックス、スタイル、発言、どれをとっても特別な存在。そんな彼らが出会ったなんて、最高にクールだと思う。注目を浴びるようになって、ケチをつけてくるヤツもいるけど、みんな互いに支え合ってる。
彼らは何かに強制されるのではなく、ごく自然にいっしょに滑っているようにみえました。

ありのままの彼らをカメラに収めたかったんだ。スケーターを撮るようになってから、ずっとそうしてきた。昔はジェイソン・ディルやマーク・ゴンザレスとも同じことをしてた。ふたりは強い個性の持ち主で、撮りがいがあったけど、『Blessed』のスケーターたちも同じだった。

——お気に入りのシーンは?

選べないよ。どのスケーターも大好きだから。思い入れの深い作品なんだ。強いていうなら、タイショーンが何度もトリックに挑戦する、パリで撮影したラストのシーンかな。この作品をつくるのにどれだけ時間がかかってるか、よくわかるシーンだから。この作品を通して、スケートをしないひとにも、実際に滑る感覚を少しでも理解してもらえたらうれしい。大抵のスケートビデオは、トリックを連続で映して終わる。でも警備員と揉めたり、鍵を壊したり、僕らは滑るためなら手段は選ばないし、誰にも邪魔はさせない。タイショーンは誰にも止められない。誰かが障害物を置いたって、すぐにどかしてしまう。通報されても、「警察が来ても俺は捕まらないよ」なんていう。警察が来たらふらっと姿を消して、平気な顔してる。
そういう場面も興味深かったです。この作品はスケートの大変な部分を映しています。逆境に立ち向かう力が求められるからこそ、やりがいを実感できる。綺麗事だけじゃないんですね。

ストリートで滑るのは簡単じゃない。問題ばかり起こる。この映画が切り取っているのは、そんなトラブルのほんの一部。これを観るひとに、僕らの体験をリアルに感じてほしかった。

——『Blessed』は『Cherry』からさらに進化しましたね。

『Cherry』を撮っていた頃は、スケーターたちのことをここまでわかっていなかった。当時の彼らはただ、ニューヨークやロサンゼルスで滑ってた、Supreme好きなクールな若者だったんだ。そんなスケーターたちを集めて、一緒につるむようになった。彼らと滑るのはほんとに楽しかったよ。当時はみんなスケートを始めたばかりで、明日の生活もわからないような状態だった。

——みんなかなり若かったんですよね。

そうだね、みんな若者らしい感性を持ってた。僕にとってはそれが楽しかった。僕は彼らをスーパーヒーローに変身させたかった。みんな最高のスケーターになるってわかってたから、応援したかったんだ。
『Blessed』と『Cherry』、どちらのほうがプレッシャーを感じました?

正直、どちらを撮るときも大してプレッシャーは感じなかった。スケートビデオを撮ろうとしても、最初のうちはスケーターに指示を出すのは難しい。「ほんとに撮るの?」って感じで、誰も本気にしない。最初の5ヶ月はずっとそんな調子だ。そのうち、ひとりがヤバいトリックを決めるのを撮ると、誰かが聞きつけて話題にする。そこでようやくみんな本気になるんだ。スケートビデオの撮影は、なるようにしかならない。すごいトリックが撮れるかもしれないし、何も撮れないかもしれない。計画なんてないんだ。

——では、今回のような映画はどのように構成を決めるんでしょう?

撮影しながら、臨機応変に進めていくのが大事だ。このあとどうなっていくのか、とか考えながらね。もちろん試行錯誤の連続だけど。「もうスケーターを撮るのはおしまいにしよう。次は映画をつくりたい。やれることはやった。これ以上続けてどうする?」って思ったこともあった。当時は『Cherry』が充分デカい作品のような気がしてたんだ。そんなときジェームス(・ジェビア、Supreme創設者)が家に来て、初めて『Blessed』を観た。彼は画面に釘付けになってた。そのあと「君は映画をつくる必要なんてない、もうつくったじゃないか」っていわれた。衝撃的だったよ。ジェームスにいわれるまで、そんなふうに考えたことはなかった。これはスケートボードをしてる若者たちの記録だ。製品の広告とか、企業のためにつくった作品でもない。
彼らが初めて完成版を観たのはプレミアだった。次はどうなるのか、自分のパートはどうなってるのか、ってみんな緊張してるのがよくわかった。撮影に2年半かけて、初めて自分の顔がスクリーンに映るのを観るなんて、想像もつかないだろ。僕はもう500回くらい観たあとだったけど、初見のスケーターたちの目を通して、改めて観返すのはすごく楽しかった。今回目指したのは、子どもの頃、スケートビデオのVHSを郵送で受け取ったときのような感覚。何が映ってるのか観てみるまでわからない、でも1度観たら1000回も観てしまう...。そんな体験を現代に蘇らせるのが、この作品の狙いだ。
ディランのためのシーンもあるし、他にも彼を知ってるひとならわかるモノがたくさん出てくる。もうここにいなくても、彼は常にこの作品に関わっていた。ディランはずっと僕の頭のなかにいた。常に彼のことを考えていたんだ。ディランにもこの作品を誇りに思ってほしかった。「最高だな、やったな」って。

『Blessed』はディランのための作品だ。時が経って、いろんな出会いや別れを繰り返しても、ディランが逝ってしまったなんていまだに信じられない。実感がわかないんだ。ディランはスケート界のトップに君臨していた。本当にすごいヤツだった。彼がこの世を去るまで、わずかな時間だったけど、共に過ごせたことに感謝してる。人生には死ぬまでに必ず出会うべくして出会う人間がいる。それから、スケートビデオの制作を続けてこられたことにも感謝してる。この10年、僕たちは出会わない道もあっただろう。人生は何が起きるかわからない。みんなで協力して特別な作品をつくれること自体、ありがたいことだと思う。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ